地上デジタル放送受信は正しく対応されていますか?

地上デジタル放送を視聴するにあたり、推奨設備であるかご確認ください


視聴に必要な推奨設備

地上デジタル放送切替え時に、テレビとアンテナは交換したが、 配線や端子は昔のままというお客様が結構いらっしゃいます。

せっかくの最新設備も、これでは本来の力を発揮できていません。

このような古い設備は、電波の量より質を重要視する地上デジタル放送の大敵です。


電波の質はどんどん落ちています

アンテナの受信感度が良好でも、アンテナからテレビに電波が送られるうちに、 電波の量は減り、質は落ちています。

地上デジタル放送の推奨設備(ケーブル、端子、分配器など)を使用すれば、 それらの減衰を最小限に抑えることが出来るため、最新テレビ本来の力を発揮することが出来ます。

*分配器や接続点では、かならず減衰してしまいますが、これは仕方ありません


ブースター(増幅器)だけでは意味がない

アンテナから送られた電波は、テレビに向かうにつれてどんどん減衰しますが、 ブースター(増幅器)を設置することで、落ちた電波を回復することが出来ます。

地上デジタル放送切替え時に、新設された方も多いでしょう。

しかし、回復できるのは電波の量であり、電波の質は回復できないため、 ブースターまでの配線とブースターからの配線や、テレビ付近の壁端子が昔のままの場合、 結局はその部分で電波の質が落ちてしまい、ブースターの意味がなくなってしまいます。


最新のテレビなのに、映りが悪いような気がする

ブースターを設置することで、テレビまで十分な量の電波が届くようになりましたが、 電波の質は劣化したままテレビに届いています。

いま問題なく視聴できているから大丈夫と思っていても、実は映るほどの電波がきていない場合が多々あります。

本来映るか映らないかのギリギリほどの電波を、最新のテレビ自身が増幅させることで視聴しているのです。

この場合、テレビは映っていますが、当然テレビにかかる負担が大きいです。 電波も無理やり増幅したものであるため、映りに影響が出てしまいます。


室内配線の見直しのすすめ

宅内配線となると、室内工事で時間もお金もかかるため、なかなか踏み切れないと思います。

ただ、せっかくの最新設備を生かせないのは、非常にもったいないと感じています。引越しや模様替え、 リフォームなど、何かの機会に配線設備の見直しを検討されてはいかがでしょうか?


確かな施工をお約束いたします

これから何十年と使うものですし、お金も時間もかかるものですから、 しっかりと納得された上で工事されるのが理想です。

私共NoSt systems株式会社に所属する作業員は、もともとそれなりの大手企業で経験を積んでいますので、 施工・技術・知識はほとんど変わらないと思っていただいて結構です。

大手企業では出来なかった、一人ひとりのお客様と直接お顔を合わせ、 お互いに納得しての施工をお約束いたします。

ぜひ、一度ご検討ください


アクセス事業部 047-407-3717  担当 中山

ご連絡の際は、HPを見たとお伝えください